どんな時に利用するのか|ピンクコンパニオン(スーパーコンパニオン)を呼べば会場が華やかに
土手にいる女性

どんな時に利用するのか

シャボン玉をしている女性

ピンクコンパニオンはさまざまなシチュエーションで呼ぶことができます。
最も多いのは宴会時の利用ではないでしょうか。
会社の飲み会や同窓会など、大人数で宴会をすることも多々あると思います。
時には男だけで盛り上がろう、ということだってあるのではないでしょうか。
大きな広間を貸し切り、美味しいお酒と料理をいただきながら、男ならではの会話を楽しむのです。
しかし、時間も経てば少し物足りなく感じてくることも多く、ひとつの楽しみとしてピンクコンパニオンを利用するのです。
ピンクコンパニオンと一緒に自身も裸になって盛り上がる男性も多く、非日常的な時間を楽しむことができるでしょう。

基本的にピンクコンパニオンは2名以上から呼ぶのが一般的なルールですが、最近では1人だけ呼んで2人きりの時間を楽しめるデートコースも増えています。
恋人と旅館に来ている感覚で、一緒にデートをしたり混浴風呂に入ることもできますよ。

ピンクコンパニオンでは指名をすることができません。
しかし、「◯◯な子」と希望を告げることはできます。
複数名の女の子を呼ぶことが多いピンクコンパニオンでは、全員が希望通りの女の子というわけにもいかないですが、なるべくみなさんの希望に沿った女の子を派遣してくれるでしょう。
ちなみに、希望とは少し違う女の子が来るというのは、女の子が揃っていなかったからというわけではありません。
大人数で盛り上がる場所への派遣ですし、お酒も出ます。
となれば、当然仕切る立場の女の子が必要になってくるのです。
在籍している女の子に関して欠陥があるというわけではなく、よりスムーズにサービスを楽しんでいただくためなのです。